サイトマップ

印刷

特色ある教育活動

伝統に根ざした臨海教室

 

平成15年度東京都教育委員会団体表彰受賞

 

 本校の初代校長は、教育方針として知育・徳育・体育のうち、特に徳育・体育に重きを置き、「質実剛健なる精神の涵養と、健全強壮なる身体の育成を生徒教育上の二大方針とする」と提唱した。また、「学校、家庭、同窓、生徒が一体となった大家族主義」という理念を示した。その具現化のひとつとして、創立間もない大正11年の7月に、夏季休業に入ると同時に第一回の臨海教室を実施した。当初は千葉県安房郡西岬村塩見(現在千葉県館山市香谷区)付近の民家に分宿し、10日間の水泳訓練を実施した。

 

翌大正12年には、塩見に1600坪の土地を購入し、宿舎を建築し、「塩見朝陽舎(現在の館山寮)」と名付けた。その後、昭和33年には一年生が全員参加する学校行事となり、以後、現在まで絶えることなく続いている。

 同教室は、戦争による4年の空白はあったものの、87年間の長きに渡り続けられ、生徒の健全育成に多大な効果をあげてきた。また、その間、一件の事故もなく実施されてきた伝統ある行事である。

 

 詳細 伝統に根ざした臨海教室

 

〒160-0014 東京都新宿区内藤町11番4
電話 : 03-3354-7411 ファクシミリ : 03-3225-4402
E-mail : S1000025@section.metro.tokyo.jp