サイトマップ

学校沿革

伝統から創造へ 新宿高校90年の歩み

 

 大正10(1921)年に東京府立第六中学校として設置。昭和25年の学制改革に伴い東京都立新宿高等学校と改称するとともに、男女共学制となりました。

 平成24年度に創立90周年を迎え、現在までに27,710名の卒業生を各界に送り出してきています。

 

大正10年 東京府立第六中学校として設置、翌年、開校
大正12年 千葉県館山市に塩見朝陽舎(館山寮)完成
昭和18年  東京都立第六中学校と改称
昭和23年 新学制により東京都立第六新制高等学校となる
昭和25年 東京都立新宿高等学校と改称・男女共学制実施
平成14年 創立80周年
平成15年 進学重視型単位制高校に改編
平成16年 新校舎完成
平成18年 新グラウンド完成
平成19年 東京都教育委員会より「進学指導特別推進校」に指定     
平成22年

新宿高校定時制閉課程。85年の歴史に幕が下ろされた。定時制閉課程式典挙行。

平成23年 震災当日、帰宅困難者推計3,000人を受入 
平成24年  創立90周年記念式典挙行 

 

 詳細は、下記のPDFファイルをご覧ください。

 

学校沿革

〒160-0014 東京都新宿区内藤町11番4
電話 : 03-3354-7411 ファクシミリ : 03-3225-4402
E-mail : S1000025@section.metro.tokyo.jp