サイトマップ

印刷

72回生 (2年次生) 修学旅行(沖縄)

72回生 (2年次生) 修学旅行(沖縄)に行ってきました
 
 12月10日~12日にかけて、2泊3日で、沖縄への修学旅行に行ってきました。
 これまで、修学旅行委員を中心に、事前学習を進めてきました。その中でも、平和学習
に重点を置いて取り組んできました。
 
1日目は、平和学習として、平和祈念資料館、ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念館、そし
て全クラスが糸数壕(アブチラガマ)を見学しました。糸数壕では懐中電灯を消して、真
っ暗闇の体験もしました。東京で平和について学んできた72回生ですが、現地で「戦争」
を肌で感じることができました。
 夕方、ホテルに到着しました。ホテルは貸切、敷地内にプライベートビーチもあり、白
い砂と青い海に歓声をあげる生徒の姿がありました。
 
2日目は、コース別の体験学習と、美ら海水族館の見学に行きました。
 コース別体験学習は、「伊江島サイクリング」「慶佐次カヌー&シーカヤック」「ビー
チトレッキング」「サトウキビ&黒糖づくり」「シーサー作り」に分かれて行いました。
「シーカヤック」だけが、天候により内容の変更を余儀なくされましたが、どの班も『私
たちのコースが一番楽しかった!』と言うほど、沖縄の自然を満喫しました。
 美ら海水族館では、本校37回生の先輩から直接案内してもらった班もあり、こちらも大
満足でした。
 
3日目は、首里城を見学した後、国際通りを観光するコースでした。
 改修工事を終えて綺麗になった首里城では、皆が写真撮影を楽しんでいました。国際通
りでは、各班が事前に相談した沖縄グルメを楽しみました。中には、公設市場で魚を購入
し、2階の定食屋さんで調理してもらった班もあったようです。
 那覇空港には各班が現地集合する形でしたが、どの班も遅れずに集まることができまし
た。帰りの飛行機が送れるハプニングもありましたが、無事に東京へ到着し、修学旅行を
終えることができました。
 これまで、修学旅行の成功のために多くの時間を割いてくださった皆さま、旅行委員の
皆さん、旅行会社の皆さま、ご協力ありがとうございました。

生徒の感想より抜粋
1日目
・「自分と同じ年齢の女子学生がなぜこんな思いを…」とずっと思っていた。怖かった。
 詳細が記された体験談も読みたくないと思ったが、読まなければならないと思って読ん
 だ。読んでよかった。
・生々しい弾丸の痕を見た。戦争の残酷さを改めて知るとともに、自分たちの生きる未来
 では絶対におこしてはならないと感じた。
・私と同い年ほどの女の子が、勉強をしたい思いを絶たれて恐ろしいことをしていたと思
 うと胸が痛い。
・糸数豪では皆が懐中電灯を消した瞬間、今までにないほどの暗闇だった。こんな暗さで
 何週間も過ごしていたのか。考えられない。体も心も重かった。
・暗
糸数豪ではくて水滴の音しかしなかった。怖かった。見捨てられたり、置き去りにさ
 れた人の気持ち、麻酔無しの手術…自分だったら絶対に耐えられない。
・目を背けたいものばかりだったが、見なければならないと言い聞かせ、脳裏に焼き付け
 た。沖縄の人も、すべての日本人も、そして米兵など戦争に関わった全ての人々が苦し
 く辛い思いをしたということがわかった。
 
 
2日目
・美ら海水族館ではバックヤード体験に興奮した!ガラスの隔たりがないからとても近く
 感じた。終始「すごい!」「きれい!」の連発だった。
美ら海水族館ではジンベエザメとマンタ、上から見たときと前から見たときは、見え方
 が全く違った!生物の授業で聞いていたコバンザメが見られた。
・黒糖づくりではサトウキビがチョコレートのように!甘くておいしかった。家族で食べ
 るのが楽しみだ。
・何度も何度も虹が出た!
・伊江島、城山(タッチュー)の頂上からの景色は格別だった。
・カヌー&シーカヤック体験ではマングローブ林の植物には、種を繋げるための工夫が
 たくさんあった。私たちは自然を壊した代わりに、自然を守らねばならないと感じた。
・マリンクラフトでは、友達の自由な発想力や器用さに驚かされた!
・ただ砂浜を歩くだけでは得られない知識が得られた。現代文の授業で教わったように、
 新たな見方を身に付けられたことが実感できてうれしかった。
 
3日目
・首里城正殿前の、縞しま模様の意味がわかった。
・日本の一般的なお城とは全く違った。見たことのない古い楽器をじっくりと見ることが
 できた。
・とにかく食べた。ステーキをたらふく食べた。
・首里城を見ると、授業で教わった琉球王国と中国との交流がよくわかった。城の持つ役
 目も日本とは違うことがわかった。
・公設市場で現地の人と交流できた。
 
感想文
・沖縄にいた、そのすべての瞬間を覚えておきたい、少しも忘れたくない、そう思えた修
 学旅行だった。
・沖縄の食文化、言葉、自然、人々の生活、一つ一つ知っていくことの喜びを感じた。写
 真を見返しても、どれも楽しい思い出。しかし、私の沖縄の思い出の多くを占めている
 のは、それらではない。沖縄戦だった。知れば知るほど、これまで何も知らずに生きて
 きたことが怖くなった。なぜ知ろうとしてこなかったのか。罪にも思えた。遅かったけ
 れど、沖縄戦の歴史を知れたことが、今回の一番の収穫だ。
・修学旅行委員として、出発前からたくさんの思い出がある修学旅行だった。助け合った
 旅行委員のみんな、我々の何倍もの時間を費やしてくださった先生方、そして3日間を
 共に過ごし、楽しさを生み出してくれた友人たちにお礼を言いたい。ありがとう!

 
ひめゆりの塔で黙祷 伊江島へ渡るフェリー
伊江ビーチから美ら海水族館を望む 城山(タッチチュー)山頂にて
シーカヤック体験 シーカヤック体験
明け方のホテル前の浜 食事後は自主的に片付け
ジンベイザメとコバンザメ 首里城正殿前


 
 
〒160-0014 東京都新宿区内藤町11番4
電話 : 03-3354-7411 ファクシミリ : 03-3225-4402
E-mail : S1000025@section.metro.tokyo.jp